FBAシュミレーターで転売の利益計算をしよう!

FBAシュミレーターで転売利益計算


はじめに

アマゾン転売を実践してもなぜか赤字になってしまう方がいらっしゃいます。アマゾン転売には経費がいろいろとかかりますので、その経費をあらかじめ念頭に置いて仕入れを行うべきです。

経費の検討は仕入れ前に行っておかなければなりません。転売用の商品を購入して代金を支払ってしまったあとでは、商品の不具合などの事例がない限り返品はできません。

店頭での仕入れ、オンラインでの仕入れの場合それぞれに利益計算は行わなければなりません。

今回紹介させていただくFBAシュミレーターはパソコン上でもオンライン上でも動作しますが、まずはオンライン仕入れを前提にして、パソコン上で快適に動作するツールを紹介いたします。

FBA料金シュミレーターについて

FBA料金シュミレーターというサイトです。アマゾン日本の公式ページ中に存在します。こちらの利益計算シートの使用方法を説明させていただきます。

Amazon出品者サービスのFBA料金シュミレータ


上記の検索窓の中に製品型名もしくはキーワードを入力してみてください。

今回は試しに「ブラザー」というキーワードを入力してみました。キーワードを入力しますとまた新たにウィンドウが開きます。

FBAシュミレータの使い方、手順


新しいウインドウでは商品の選択ができるようになっています。収益のシュミレーションをしたい商品を選択してクリックします。そうする以下の収益シュミレーション画面が出てきます。

FBAシュミレータの計算画面

FBA利用の料金計算方法

FBA利用の転売費用計算方法


FBAの場合の入力項目ですが、「商品代金」、「Amazon」への納品費用を
入力ください。FBAでかかる費用については自動で計算されます。

商品代金は想定売価を入力します。アマゾンへの納品費用はアマゾン倉庫への輸送費用を入力します。

自社発送の場合の費用に関して

自社発送での転売費用


自社発送の場合にかかる費用ですが、「商品代金」、「配送料」、「出荷者出荷の費用」を入力ください。

自社配送、FBAの双方とも表の下部に表示される、「利益」の欄をご覧ください。この金額が最終的にアマゾンから振り込まれる金額です。

配送料は最初の内はすぐに算出することが難しいかもしれませんが、数をこなせば概算でもすぐに算出ができると思います。

店頭仕入れで威力を発揮する料金シュミレーター

先ほどはFBA料金シュミレーターのご紹介をさせていただきましたが、こちらでは店頭で効果を発揮する料金シュミレーターを紹介させていただきます。 

2012年にリリースされておる「アマフィー」というソフトウェアです。パソコンでも使用できますが、スマホ上でも使用できます。

先ほども書きましたがスマホ版ではFBAシュミレーターと比べて画面が見やすく、計算がしやすいです。以下に検索画面を表示いたします。

アマフィーのAmazon手数料計算


アマフィーのジャンル画面


画面を見てお分かりになるように、入力項目は「仕入れ値」「想定売価」のみです。あとはすべて商品に応じて選択するという方式をとっています。

商品の配送料を入力しなければならないということはありません。

非常にシンプルな構成になっていることがおわかりでしょう。商品区分が細かく分かれていますがこれは商品区分によってアマゾンの手数料が変わるので製品区分が細かく分かれているのです。

アマフィーはFBA料金シュミレーターではなく、アマゾン手数料シュミレーターです。

アマゾンの倉庫までの輸送料や自社で発送する輸送料は計算されませんので、採取利益額からご自身で引いていく必要があります。

自社からのアマゾン倉庫への輸送料は一つ一つ個別に計算するのは現実的ではありません。

いろいろな種類の商品を一つの段ボールにまとめて発送するケースがほとんどだからです。

自社が直接客先に発送する場合は当然個別に梱包を行いますが、FBAの倉庫に納入する時はいろいろな種類の商品を一つの段ボール箱に入れます。従いまして一商品あたりの輸送量は概算で計算するしか方法はありません。

経験を積んできますと、この商品の送料はどのくらいのものかという見当が大体ついてきます。商品の送料は寸法+重量で決まってきます。

各運送業者の運賃表がありますので回数をこなせば頭に入ってくると思います。

【まとめ】FBAシュミレーターで転売の利益計算をしよう!

最後に、改めてポイントをお伝えすると…

●アマゾンの手数料は商品カテゴリーごとに違い、予備知識なしで仕入れてしまいますと赤字の危険性があります。


●オンライン仕入れの場合、アマゾンのFBA料金シュミレーターでもOKですが店舗仕入れの場合アマフィーというソフトが使い勝手が良いです。


●アマフィーの場合、アマゾン倉庫までの経費を自ら計算しなおすことが必要ですが出荷の経験を積み重ねることにより、商品のサイズを見ただけで費用の検討がつくようになります。


FBAシュミレーターやアマフィーで仕入れ価格をチェックするのに1分もかからないと思います。

この1分を惜しむことにより、転売利益を喪失してしまうのは非常にもったいないと思います。アマゾン転売で稼ぐためにも、極力最後の1ステップを惜しまないようにお願い致します。



<<Amazon国内転売で稼ぐ方法




ネットで稼ぐ方法 「ウソ・ホント!?」 

このページの先頭へ