Amazon国内転売(せどり)で稼ぐ方法

Amazon国内転売(せどり)で稼ぐ方法


Amazon総合管理システムで転売

Amazon国内転売で稼ぐ方法を具体的に役立つように解説していきます。

Amazon国内転売(せどり)とは何か!?

Amazon国内転売(せどり)というビジネスは商品を仕入れて販売するビジネスです。転売を実践する人はどこで稼ぐのでしょうか?

仕入れる製品と販売する製品の価格差です。1000円で購入した商品を1500円で販売すれば1個あたり500円の利益、10個売れれば5000円の利益を稼ぐことができるということです。

自分で製品を作る必要がないので、初心者でも簡単には始めることができます。

ホリエモンが起業にあたっての4原則についてブログで以下のように発表していました。

(1)利益率の高い商売

(2)在庫を持たない

(3)定期的に一定額の収入がある

(4)小資本で始められる

まず、Amazon国内転売(せどり)が上記に当てはまるビジネスかどうか一緒に考えていきましょう。

Amazon転売は利益率が高いか?

Amazon国内転売(せどり)に限らず、ビジネスを最初に始めるときにはなにかとお金がかかります。人件費、備品費、仕入れ費用など。資金が潤沢にあるならば良いのですが、多くの場合そうではないと思います。

利益率の低いビジネスに参入し副業、本業なり資金が足りなくなり、途中で立ち行かなくなることは避けるべきです。

Amazon国内転売(せどり)ですと、低めですと10~20%の利益率、高めですと50%以上の利益率になるケースもあります。商品選択によっては高利益率になるケースも大いにありえます。

Amazon転売は在庫を持たないか?

通常、Amazon転売は商品を仕入れて、Amazon.co.jpに登録します。そういう意味では厳密には在庫を持たないビジネスではありません。在庫を持たないという意味でAmazon国内転売(せどり)という手法もあり、少ないながら実践されている方もいらっしゃいます。

Amazon無在庫転売は、厳密にいうとAmazonの規約違反ではないのですが、注文を受けてから商品を仕入れるというやり方ですと、注文を受けたタイミングで商品がないという事態もありえます。

従いまして在庫をあらかじめ持っておくというのが基本になりますのでAmazon転売が在庫を持たないビジネスというのは当たらないです。

ただAmazonの良いところは商品の売り上げランキングを始めとした各種データを公開しているということです。

家電、本、DVD、文房具、オフィス用品、キッチン用品などあらゆるジャンルにわたりランキングが公開されています。その中でランキングが高いものを優先的に仕入れていけば売れ残りが発生することは基本的にないです。

Amazon国内転売は定期的に一定の収入額があるか?

「Amazon国内転売は定期的に一定の収入額があるか?」という点についてですが、これは商品によって違います。

毎月継続的に仕入れができて、継続的に売れる商品があれば別ですが、その都度単発で仕入れる商品ですと、定期的の一定の収入額にはならないこともあります。

ただし仕入れルートを確保することに成功すれば定期的に一定の収入額を確保することは十分に可能です。

【参考ページ】Amazon国内転売はどのくらい稼げるの!?

Amazon国内転売は小資本で始められるか?

Amazon国内転売(せどり)で最初にかかる初期費用はいくらくらいなのでしょうか?

商品にもよりますが、最初は5万円~10万円もあれば始めることができます。飲食店などを開業する費用300万円~数千万円ということに比べれば圧倒的に少ない資本で始めることができます。

ちなみに毎月数万円稼ぐ程度のお小遣い稼ぎを目標にしているなら、初期費用5万円以下でも始めることは十分できます。こんなビジネスはなかなかないです。

Amazon国内転売(せどり)のメリットは!?

Amazon国内転売(せどり)のメリットについて考えてみましょう♪

1.膨大なアクセスが集まるアマゾン

Amazonの日本国内での売り上げは約9000億円です。同一の法人が運営するECサイトとしては国内最大の規模を誇ります。

もしあなたが商品をウェブサイトを通じて販売しようとするならば、集客することは
非常に難しいと思います。誰もあなたのサイトの存在をしりませんし、アクセスすらないということになります。その点アマゾンですと安心です。アマゾンのアクセスは
ネットショップ全体のアクセスの15%を占めています。2位がDMMとなっています。

ネットショップで一番大切なことはアクセスを集めることです。アクセスが集まらないことにはいくら魅力的な商品を出しても売れません。アマゾン転売は第一のハードルである「集客」をクリアすることで転売ビジネスに有利なインフラを提供していると言えます。

2.即金が期待できるアマゾン転売ビジネス

アマゾン転売の有利な点がもう一つあります。入金サイクルが早いということです。2週間に一度アマゾンから売上金額が振り込まれます。

商品の仕入れで資金繰りに頭を悩まさなければならない事業者にとっては本当に嬉しいシステムです。

2か月に1回の入金システムの恩恵を受けるにはアマゾンの大口出品システムへの登録が必要になります。若干の月額費用がかかりますが、アマゾンで転売を始められる方は加入しておいたほうが良いと思います。

3.発送に手間がかからないアマゾン転売ビジネス

アマゾンにはFBAというシステムがあります。これはフルフィルメント by AMZONの略です。

製品をAMAZONの倉庫に送れば、アマゾンが顧客向けの梱包を行ってくれるというものです。まとめてアマゾンの倉庫に送っておけばアマゾンが注文ごとの発送を代行してくれるので極めて効率的です。

【まとめ】Amazon国内転売(せどり)は起業、副業に最適!

ホリエモンの起業の4原則として挙げた

①利益率が高い

②在庫を持たない

③継続的な収入がある

④小資本である

のうち、④は実践者の努力により実現する可能性は極めて高いです。売れやすい商品を事前のリサーチにより仕入れ、小資金でビジネスを開始すればよいわけです。

また①、③についてもリサーチをさらに徹底させ高利益の商品を仕入れることができれば実現の可能性は高くなります。②については完全な在庫ゼロは難しいにしても高回転の商品を仕入れることができれば在庫を極限まで少なくすることが可能です。

結論としては、ホリエモンの起業の4原則を完全に満たさないまでも限りなく近づけることができます。加えて入金サイクルが早いという利点を生かせば、副業、起業の1手段として十分に推薦できるビジネスです。

Amazon国内転売(せどり)の具体的な手順は!?

アマゾン転売の具体的手順

1. 目標を設定しよう!

1.目標の設定

まず一か月にいくら稼ぎたいのか目標を立てることが大事です。いくら稼ぎたいかによって毎月の仕入れ額が決まってきます。ただ毎月の仕入れ額を決めるにあたってはどの分野の商品を狙っていくかを並行して決めていく必要があります。

特に新品と中古の区分を明確に決めていく必要があります。中古品は新品に比べて利益率が高いので、新品を仕入れるよりも商品数は少なくて済む可能性があります。

とはいえ、中古品を仕入れるにはある程度の経験が必要になります。

どの程度の汚れが、使用年数のものがお客様に受け入れられるかを瞬時に判断しなければなりません。

もし中古の製品に職業柄詳しいということであれば中古商品を取り扱っても良いと思いますが、そうではない場合は、最初は新品を取り扱うことから始めれば良いです。

目標を定めるには週間レベルで立てれば良いです。月間の目標を週ごとに細かく分解していくのです。そうすれば漫然と仕入れに行くということはなくなります。

以下に例を挙げます。

月間で9万円の売り上げを上げたいケースで説明致します。

毎日3000円の純利益を上げるためには1000円の売値で利益率30%の商品を10本売らなければなりません。試算を簡単にするために当月仕入れたものが当月中に売れると仮定します。1000円の単価の製品を月当たり300本仕入れる必要があります。
 
月20日稼働するとして一日当たり15商品の仕入れを行う必要があります。
 
本当に月20日の稼働ができるのか?できないならば月当たりの稼働日を減らし、一日当たりの仕入れ数を増やすことも考えなければなりません。

2.仕入れ予算の確保

2.仕入れ予算の確保

先ほどの1000円の商品の仕入れの例で行きますと、1000円の商品を300個仕入れるためには月間300,000円の資金が必要になります。

仕入れた製品が一週間もたたないうちに売れて販売代金が入金されれば当初の必要資金はもっと少なくても済むのですが今回は簡便化の為にそのことは考慮の対象外と致します。
  
如何でしょうか?

意外と多い仕入れ資金が必要なことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

仕入れ資金が必要であることは冷静に考えれば当然のことなのですが、転売ビジネスを始める際に失念されておられる方が多いようです。

3. ツールを用意する

3. ツールを用意する

バーコードリーダーとスマホは最低限必須になります。

中古本の仕入れを行う場合は商品検索ソフトのインストールが必要になりますが、中古本を扱わない場合はスマホとバーコードリーダーのみで良いです。

店舗に行く前には必ず準備するようにしてください。

【参考ページ】Amazon国内転売に役立つツール

4.実店舗を回る順番を決める

4.実店舗を回る順番を決める

実店舗仕入れを行う際には効率化が重要になります。

自宅の周りにどんな仕入れ店舗があるか、地図を作るのが良いでしょう。

行き当たりばったりで店舗を回っていても疲れますし、時間を無駄に使います。

月間の目標を達成するために最も効率的な回りかたはどんなルートなのか事前にしておくことが大事になります。

【参考ページ】Amazon国内転売の仕入れ先はどこが良いか!?

5. 店舗での立ち振る舞いについて

5. 店舗での立ち振る舞いについて

実店舗では商品を仕入れる目的ではなく実際に使う目的で来訪されるお客さんがたくさんいらっしゃいます。

仕入れに夢中になるあまり、お客さんの邪魔にならないように心掛けることが大事です。態度が店員の目に余るようだと、今後その店舗での仕入れができなくなることも十分に考えられますので、ご注意ください。

また店員とコミュニケーションをとることも重要です。挨拶は必ずするようにしましょう。気持ちよく仕入れができますし、仲良くなれば値引きに応じてくれるかもしれませんし、新商品を優先的にまわしてもらえるかもしれません。

6. アマゾンへのデータ入力

6. アマゾンへのデータ入力

商品を自宅に持ち帰るもしくは配送されたら必ずその日のうちに、アマゾンへのデータ入力を済ませるようにしましょう。

アマゾンのマーケットはまさに生ものです。値崩れがいつ起こるかわかりません。 

データ入力があと一日早ければ・・・というように後悔することがないように必ずその日のうちに登録作業を済ませましょう。

7.実店舗を回る順番を決める

7. 発送

アマゾンの倉庫に発送する場合及び自宅から直接発送する場合共通のことですが商品の汚れ、破損には十分に注意しましょう。

顧客から思わぬクレームがつきアカウントの評価が下がることになります。

自宅から直接発送する場合は納期を必ず厳守しましょう。納期遅れによってお客様からクレームをもらうことは絶対に避けましょう。

8.手順で一番大切なこと

8.手順で一番大切なこと

やはり最初にしっかりとした月間目標次に計画を立てることではないかと思います。

ただなんとなく稼げればよいといったぼんやりとした目標のままですと大した結果は出ないと思います。

最初に目標をたてて、毎日の行動計画に落としていくことが月並みですが重要です。

アマゾン転売と言えどもれっきとしたビジネスですので、目標設定は重要になってきます。単なるおこずかい稼ぎのレベルをこえるためにもしっかりとした計画を立てましょう。

ネットで稼ぐ方法 「ウソ・ホント!?」