バイナリーオプションで稼ぐ方法

バイナリーオプションで稼ぐ方法は ウソ?ホント?

 答えは  ホント! ○  

ホント! ギャンブルと投資の要素が含まれるので「投資の才能」があればということです。


バイナリーオプションで稼ぐ方法というのは ホント!


まずはバイナリーオプションに関連しているFX のお話です。

FXとは金融商品の一つで為替の変動を利用して為替差益や金利を得ることができ、レバレッジを生かすことで小さな資金でも大きな取引ができる為に最近は非常に人気があります。

簡単に言えば、為替の変動を予想して売り買いして稼ぐということです。

▼日本のオンラインスロット(合法)▼



今回のバイナリーオプションとはトレイダース証券の「みんなの FX 」が有名ですが、10分後の為替の変動が「円安」「円高」かを予想するだけのもので50円という小さな資金から参加できます。

バイナリーオプションは日本では規制が出たので、世界最大級のトレンドオプションをオススメします。

こんな感じのサイトです。


こちらのサイトも有名なバイナリーオプションのサイトです。



予想が外れると掛け金は没収されますが、当たれば平均2倍弱程度から最高20倍までの金額に膨れ上がって戻ってきます。

パチンコや競馬などのギャンブルに比べて非常に当たりやすいと言えます。

パチンコは当たるか当たらないかわからない状態で玉を借りて投資していき、当たらなければ数万円なんて1、2時間程度で負けてしまいますし、競馬は十数頭の馬の中から数頭をピックアップし予想し当てなければいけません。

しかし、バイナリーオプションは当たる確率は1/2と高い確率で、しかも必ず当たりはありますので為替変動の仕組みやFX、チャートなどについて勉強すれば、更に確率を上げることができます。

一般的に言われているのが、バイナリーオプションは6割程度の勝率なら稼げると言われています。

チャートなどを見なくて予想できなくても当たる確率は1/2で、コインの裏か表かどちらかを予想し当てると同じで、しかも為替変動やチャートの癖などを勉強すれば若干確率が上がるので勝てるのではないかと思ってしまいますよね!?

まずは、詳しくバイナリーオプションについて解説していきますね♪



知識を深めてバイナリーオプションで稼ごう!

バイナリーオプションとは!?

バイナリーオプションはFXと同様に米ドル円の値動きを予想して利益を目指していくものですが、FXとの大きな違いは「短時間取引」を行う点です。

日本国内のFX業者に限っては短時間取引は禁止されていますが、しかしバイナリーオプションのほどんどは海外業者となるため、60秒や3分などと言った値動きの予想で利益を獲得することができます。

またもう一つの大きな部分は、バイナリーオプションは一定の取引価格から上がるのか下がるのかを予想するだけのシステムとなっているところです。

この二者択一という簡単な取引で利益を生み出せるため、今日本国内では注目されている取引の一つとなっています。



バイナリーオプションの取引システム

バイナリーオプションの取引システムは非常に簡単です。

サービスを提供している業者によって呼び方は「60セコンズ」「1ミニッツ」などと様々ですが、基本的に購入した時点から1分後のレートがHIGHなのかLOWを予想するだけです。

HIGHやLOWは、「高い」のか「低い」のかということです。

例えば、米ドル円を120.0$の時点で購入した場合、1分後に120.1$以上になると予想し、結果120.5$になれば業者によって設定された倍率に基づいて利益を獲得できます。

これに1000円賭けたとすれば、倍率が1.8倍であるならば1800円になって返ってきます。

手にするのは800円の利益となるわけで、常に賭けた時点でどう値動きをしていくのかを予想していくという単純明快な取引となっています。

多くの業者が60秒の取引を導入していますが、購入してから60秒後には利益が生まれることからFXよりも効率が良く、日本国内でも利用する人が急増しています。

簡単な予想だけで利益を生み出せるため、バイナリーオプションは人気を集めています。

FXは様々な経済指標や発表を元に、今後値動きがどういう動きを見せるのかを予想したり、チャートから過去の傾向と照らし合わせて分析しながら購入をしていくなど、勝つためには知識の有無が非常に重要となります。

しかしバイナリーオプションにおいては難しい知識は必要なく、上がるか下がるかのどちらかの予想だけです。

チャートを見ても訳が分からない人が多くいるかもしれませんが、何となくで見てみても「今は上り調子だな」と言ったように、今価格がどのような傾向にあるかが少しでも分かれば勝率アップにつながります。

難しい知識は必要ではないため、だれでも予想を簡単に始めることができます。



バイナリーオプションの取引の種類

バイナリーオプションには様々な取引方法があり、上記の例でも挙げた「60セカンズ」は60秒後の価格はいくらなのかを予想するほかに、一定期間内に設定された価格まで上昇・下降するかどうかを予想する「ワンタッチオプション」や、一定時間120.0$~1201.0$の間でのみ値動きするかどうかを予想する「レンジオプション」など様々にあります。

最も基本的なあるレートよりも60秒後にはHIGHなのかLOWなのかを予想する、このポピュラーな取引は「ラダーオプション」と呼ばれています。

これらの取引は各バイナリーオプション業者によって取り扱っているものとそうでないものがあるため、自分にあった取引方法を提供している業者を選ぶようにしましょう。



バイナリーオプションのキャンペーンについて

またバイナリーオプションはFXとは違ってキャッシュバックキャンペーンなどのプロモーション展開が充実しています。

例えば一定の金額以上を入金すれば数万円をキャッシュバックしたり、プロモーションの規定条件を満たして申込むことで入金額の2倍が口座に振り込まれるなどのサービス展開を行っています。

これを目的とするユーザーも多くいますので、人気を集めている理由にもなります。

ただしキャンペーンやプロモーションを利用すれば出金条件が課せられるため、各業者の専用ページにて取引条件をよく確認するようにしましょう。

よくインターネット上では出金できないや詐欺などのコメントが相次いでいますが、これは前述のプロモーションなどの取引条件をよく読んでいないことが大きいです。

基本的に出金は問題なくできます。

その理由は、バイナリーオプションを提供するにあたって、様々なライセンスを取得しなければならないからです。

そのライセンスは各国の規約に基づいて発行されるもので、国のお墨付きをもらって業者はサービスを提供しているのです。

よって安心して取引は行えるため、利用する際には規約をしっかり読むなどの注意を払ってください。

トレンドオプションやスマートオプションはその点についても評判もよく、私も利用する安全なバイナリーオプション会社です。


こんな感じのサイトです。


こちらのサイトも有名なバイナリーオプションのサイトです。






具体的なバイナリーオプションの遊び方


「みんなのFX」の場合を例にしてみましょう!



みんなのバイナリーはスタート10分前からチケットというものを購入する必要があり、現在の為替レートの変動(動き)を見ながら「円高」「円安」かを決めます。

決め手は先読みして安くチケットを購入できれば大きく稼ぐことができます。



円高や円安を選ぶと言っても現在の為替レートに対して10分後の予想の目標レートが離れるにしたがって倍率は高くなっていき、チケット金額は常に変動しています。

上記画像を例にすると上部に現在のレート98.145円となっていますがこの数字は「現在1ドル98.145円ですよ」という意味です。

まずは目標レートを決めチケットを購入します。

チケットの購入金額で決めると勝率は悪くなるのでチャートを見ながら購入するチケットを決めていきましょう!

チケットの金額は1Lotに対しての購入金額で98.135円を選んだとすれば590円必要になり予想が当たれば1000円になって戻ってきますが、予想が外れると没収されます。

この場合は98.135円よりも上(円安)なら全部当たりとなっています。
為替レートが98.185円で終わっても当たりとしてカウントされ、もし98.170円を選んでいたなら460円のチケットが2.1倍なので1000円となって戻ってきます。

どこを選んでも1000円(1Lotの場合)となって戻ってきます。

為替が変動するにしたがってチケット購入金額も変動していきますので、先読みして安くチケットを購入できれば高配当が期待できるというわけです。

最近の成績で1Lotだけで遊んでみました


その日の取引開始は良くプラスに働きましたが、その後は残念ながら惨敗!

±0で終了しておきました。予期せぬ円安に爆上げされ50円のチケットが1000円になっていたので10Lotなら500円で10000円でしたよ。

デモトレードもあるので試してみると面白いですよ!

みんなのバイナリーは現在やっていないのでこちらの海外FXサイトがオススメです!




信用できるお小遣いアプリのモッピーはお勧めで稼ぎやすいです!
モッピー!お金がたまるポイントサイト


【関連ページ】
海外FXで稼ぐ方法
ゲームで稼ぐ方法
オンラインカジノで稼ぐ
バイナリーオプションで稼ぐ方法


ネットで稼ぐ方法 「ウソ・ホント!?」 


このページの先頭へ